デプロメ-ル/ルボックスの評価・解説

現在汎用されている処方薬、パキシルやレクサプロの前進に位置づけされるお薬です。海外では脳内のセロトニン量を増やし、神経の通りを良くすることでうつ病治療にあたることが主流でしたが、当時、日本では存在、流通しませんでした。

旧来のうつ病治療薬は副作用頻度が高く、患者さんにとっては服薬しづらいデメリットがありました。そこで海外で使用実績のあるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、デプロメ-ル/ルボックスが国内で開発された訳です。






デプロメ-ル/ルボックスの長所と短所

1999年に発売され、国内初のSSRI治療薬として話題を引き起こしました。めまい、ふらつき、便秘、喉の渇き等々の従来の抗うつ薬の副作用をカバ-しつつ発売され、処方されていました。

ただし、服用直後は嘔吐やムカムカ感があるデメリットがありましたが、継続服用により、その副作用がなくなることが特徴です。従来の副作用に比べかなり軽減されたことにより患者さんにとってはありがたい薬であったことは間違いありません。

ただし、1日2回タイプの服用ですので飲み忘れの問題があり、ここが難点でした。用量のさじ加減が比較的しやすく、医師にとっては使いやすい薬と評価されました。現在では服用が1日1回タイプの「パキシル」や「ジェイゾロフト」が汎用されています。

ルボックス25mg ルボックス50mg ルボックス75mg



口コミ評判フォームのイメージ 抗うつ薬に関する口コミ・体験談の投稿はこちら

ドラッグストアで購入する方はコチラ