うつ病とは

人は感情を有する動物です。日常生活でいろいろなイベントがありますが、それをきっかけに気分が落ち込んだり、高揚することがあります。


例えば、気分が落ち込んだ場合や憂うつな気持ちは原因となることを解決できた場合、あるいは気分転換をすることで自然に解消することができます。

しかし、憂うつとなる原因が解消しても気分が回復しない場合、強度な憂うつ感が長く続く場合はうつ病の可能性が高い可能性があります。

うつ病は「心の病」と称されますが、今では「脳の病」であり脳内の神経伝達がうまく機能していないことにより、引き起こされる病気です。

うつ病の症状とは?

典型的な症状は眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない等々の症状が続いている場合、うつ病の可能性があります。

うつ病は、ストレスがたび重なることで、脳がうまく働いていないので、例えばものの考え方が否定的になり、自分がダメ人間と感じるようになります。

日常生活において普段なら乗り越えられるストレスも、つらく感じられ、ストレスの行き所が個人に向けられ病気が悪化する悪循環が起きます。

薬による治療はうつ病に効果が高いです。
早めに治療を始めるほど、回復も早いので、無理せず早めに専門医に受診することが大事です。

そしてゆっくり休養をとることが大切です。




うつ病は増えている?

日本では、100人に3~7人という割合でうつ病を経験した人がいるという調査報告があります。
厚生労働省が3年ごとに行っている調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。

ここで気分障害とは感情、気分の自己コントロ-ルができなくなり、日常生活に障害を及ぼす病気の総称を意味します。

うつ病が増えている背景

現代社会はストレス社会です。社会や経済など個人の置かれた環境の影響でうつ状態、うつ病になる方が増えています。

最近、ニュ-ス等で取り上げられる若者を中心とした「プチ鬱」が話題となりました。これは「非定型性うつ病」と呼ばれ、一般的なうつ病の症状と異なる特徴的な症状を有するうつ病です。

人は将来のことを考えることができる動物です。これは裏を返すと常に不安と断ち切れない関係が成り立ちます。

従って誰しもがかかる可能性のある病と言ってよいでしょう。
うつ病は珍しい病ではありません。早期発見、早期治療をすれば回復する病です。

うつ病はなぜ発症するのか

うつ病の発症原因はいまだ解明されていませんが、そもそもの人が持っている性格と置かれた環境によるストレスが関係していることがわかってきました。

うつ病になりやすい性格

人はそれぞれのパ-ソナリティを有しており、「元来の素養、素質」や「性格による考え方の相違」によるものが原因とされています。

ここではうつ病に陥りやすい性格を列挙します。
医学的には「病前性格」と言います。

  • 几帳面
  • 仕事熱心
  • 責任感が強い
  • 正直
  • 対人関係を大事にする
  • 社交的
  • 親しみやすく好人物
  • 明朗で活発


環境的要因

環境の変化に対応できず、それをストレスと感じ、うつ病を誘発するケ-スもあります。


環境的要因によるストレスの代表例

  • 事業の失敗
  • 会社内の異動、昇進
  • 単身赴任
  • リストラ
  • 妊娠・出産
  • 子育て
  • 更年期障害
  • 大切な人との死別
  • 病気
  • 子供の結婚・独立


うつ病の治療の必要性

何故、うつ病を放置していはいけないのでしょうか。
それは症状自体が辛いものだけではなく、「自殺」を引き起こすことが最大の問題点なのです。

日本国内で毎年3万人以上の自殺する方がニュ-ス等で報道されていますが、その内半数以上がうつ病を罹患していると推測されています。

早期発見、早期治療が何よりも大事であることがここでわかります。

治療法にもいろいろある

うつ病の治療法は、個々人で異なります。
典型的なうつ病は薬の効果が期待できます。

性格や環境要因の影響が強い場合は精神療法アプローチや場合によっては環境の整備が必要になります。

他の病気がうつ病の原因となることもあります。
休養が必要な場合は仕事を続けた方がいい場合、悪い場合があります。

うつ病とひとくくりに考えて治療することではなく、治療法も個々人の性格や環境によって一律ではないいことを知ることが大切です。

薬による治療

本サイトでは薬による治療を主にご紹介します。
ここ数年でさまざまなお薬が開発され、処方薬として使用されています。

うつ病治療薬は抗うつ薬と呼ばれます。
うつ病は「脳の病」と説明しましたが、患者さんの脳中は、気分や思考、意欲などを司る神経伝達物質「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の量が減っていることが研究により分かっています。

抗うつ薬は脳内の神経伝達物質「セロトニン」や「ノルアドレナリン」を増やし、脳内の情報伝達をスム-ズに促進する働きをするのです。

抗うつ薬の分類

薬の化学構造の違いから講学上、

・三環系
・四環系
・SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)
・SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)

に分類されます。

抗うつ薬の副作用

薬のタイプにより、副作用の発現が異なります。
古くからある三環系、四環系は副作用の発現頻度が高く、途中で服薬を自己中止する患者さんが多かったため、思うような治療ができませんでした。

今では新しいタイプのお薬、副作用を軽減した「SSRI」や「SNRI」が開発、発売され、薬物療法は多面的に行われるようになりました。

ここではタイプ別で主な副作用を列挙します。

三環系抗 口やのどの渇き、便秘、排尿困難、めまい・ふらつき・立ちくらみ、眠気、動悸など。
四環系眠気、口やのどの渇き、めまい・立ちくらみ・ふらつきなど。
SSRI
SNRI
吐き気、眠気、口やのどの渇き、便秘など
安定期症状がなだらかに回復し、安定期が比較的長期間にわたって続く。


ここでは簡単にお薬のご紹介をしました。
次にタイプ別でお薬の一覧表をまとめてみましたのでご覧ください。


うつ病のお薬一覧