現役薬剤師によるメンタルヘルス関連コラム

こちらでは、当サイト専属の薬剤師が、メンタルヘルスに関する情報や病気の知識、お薬についてのお悩みについてコラム形式で書き綴っていきたいと思っています。

現場で活躍する現役の薬剤師だからこそ、知り得る情報がたくさんあります。専門的な情報を一般の方にもわかりやすくお伝えできるよう努力しながら、役立つ情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

精神疾患の患者数は年々増加している

厚生労働省が発表した精神疾患の全国の患者数は、平成23年度現在で300万人を超えています。おそらく、今後も増加していくと思われます。一昔前はあまりメジャーではなかった「心療内科」ですが、最近はクリニックの数も増えてきました。

精神疾患のイメージ



以前よりは病院へ行くハードルが低くなった感はありますが、それでも心療内科の門をたたくのは少し抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

一時的な不眠や不安症状であれば、睡眠剤抗不安薬などが、内科のクリニックなどで処方されることも増えてきましたが、一定期間症状が続く場合はやはり専門医(心療内科)の診断を受けることをお勧めします。




もっとも多い精神疾患はうつ病

全国的に、また各年齢層でもっとも多い精神疾患は「うつ病」です。それに続いて、「統合失調症」や「不安症(パニック障害など)」がありますが、薬物やアルコール中毒なども一定数を占めています。そして、最近顕著に増えているのは「認知症」。認知症は今後も増加していくと予測されています。

精神疾患の治療には、薬物療法だけでは限界があります。運動療法などを取り入れたり、家族や周囲の方々の理解や協力が必要不可欠ですね。


メンタルヘルス関連コラム記事一覧

皆さま、本サイトにお越しいただきありがとうございます。ここでは、メンタルに関するコラムを記載します。本コラムはできる限り、わかりやすい解説をしますのでお付き合い下さい。

また、取り上げて頂きたいテ-マがあればご一報下さい。テ-マ内容によっては取り上げられないこともありますのでご了承下さい。


お薬のシート「外観」が、お薬によって違う理由について(2016年3月31日更新)

   ※今後、少しずつ記事をアップしてまいります。


口コミ評判フォームのイメージ 取り上げて欲しいテーマなどをお寄せください。メールフォームはコチラ